最近のASP事情&桜庭の本心について。

【アフィリエイターの存在意義って何?】

 

 

桜庭です。

 

 

先日久しぶりに推薦商材としてご紹介させて頂いた

「RDA1995」の 特典作成に現在は励んでいます。

 

 

10月19日の完成予定には間に合いますので

購入者様は楽しみにして頂ければと思います。

 

 

 

で、ちょっと身の周りが騒がしくなりそうなので、

ブログで書こうか迷った挙句に一旦レポートとして、

個人的に抱いている最近のASP事情について

ぶっちゃけて書いていきます。

 

 

僕も先日、久しぶりに商材をご紹介させて頂いたのですが、

ここ3ヶ月近くはコンテンツを推薦していませんでした。

 

 

その理由は単純で、

 

「推薦するに値しないものが多かったから」

 

ということです。

 

 

僕がブログで紹介している商材は全て実践済みで、

初心者でも取り組みやすいと思ったのものを推薦しています。

 

 

で、今月公開された「RDA1995」は

そのノウハウが 初心者にも取り組みやすく、

尚且つ僕が現在進行形で稼いでいるビジネス手法と

「RDA1995」が繋がっていたのでご紹介させて頂いた次第です。

 

 

なので、個人的に「RDA1995」はオススメできるノウハウなんですね。

 

 

ただ、「RDA1995」を紹介するまでの

空白の3ヶ月間に打ち出された商材は

どうも僕はどれも紹介するに値しないと個人的に思っていました。

 

 

大手のASPといえば、

インフォトップとアドモールが挙げられますが

空白の3ヶ月間の間に随分と多くの商材が出ています。

 

 

で、インフォトップもアドモールも

大手のASPなので得体の知れないASPよりかは信用が置けます。

 

 

そもそも信用が置けないASPでしたら

ここまで長く運営できていませんので。

 

 

全部の商材を確認したわけではありませんが

僕としても両者は比較的まともな商材を

扱っている割合が多いと思っています。

 

 

ただ、僕が全く推薦していなかった

3ヶ月間を境にどうも質の低い商材が

両ASPで乱発し出した気がします。

 

 

別に詐欺とかそんなレベルではないんですよ。

 

本当に詐欺レベルなものは

全く成果が出ないような内容なので、

それこそ1円を稼ぐのも超困難です。

 

 

流石にそこまで稼げないような商材は出ていないのですが、

それにしても色々と商材が出まくっており、

初心者が実践するにはハードルが高いものが多くあるなと素直に思いました。

 

 

しかし、真理を言ってしまうと、

めちゃくちゃ粗悪なノウハウだろうと

その粗悪なノウハウを補うだけの知識があれば

実は稼ぐことができたりします。

 

 

巷で超絶に評判が悪い高額塾に入塾しても

参加した人に一定以上の知識があれば、

渡されたノウハウで足りない部分を補い、

稼げるノウハウに昇華させることができるのです。

 

 

なので、見方を変えれば「詐欺商材」という

コンテンツも実際にはなかったりします。

 

 

知識があれば足りないノウハウを

付け足して稼ぐことができますからね。

 

 

以前もブログ記事内でお話したことがあるのですが、

情報商材というのは人によって価値が分かれます。

 

 

ある人にとっては超優良ノウハウだけど、

またある人にとってはダメなノウハウになるのです。

 

 

例えば僕が紹介しているアフィリエイトの

王道商材の「下克上」というものがありますが、

これを滅茶苦茶に批判するブログ管理人もいます。

 

 

下克上以外にも王道商材は他にあって、

 

・ルレア(物販アフィリ)

・Pride(特化型トレンドアフィリ)

・アンリミテッドアフィリエイト(中心ノウハウは情報発信)

 

など、下克上と並んでその道の王道商材と

位置付けられているものが上記のようにあるのです。

 

 

下克上も含めてこれら4つの商材は

相応の成功者を多く輩出しているからこそ

その道の王道になり得たわけですね。

 

 

 

しかし、下克上やルレア、アンリミなどの王道商材ですら

「稼げない」だの「詐欺」だの罵倒している声も存在します。

 

 

王道商材ですら罵倒されるのは一体なぜか?

 

 

その理由は人間がコンテンツを作っている以上、

必ずデメリットや弱点が生まれてしまうからです。

 

 

商材なんてものは粗を探せばいくらでもあります。

 

 

デメリットが生まれてしまうのは

ひとえに人間が作っている以上、仕方のないことです。

 

 

下克上やアンリミなどの王道商材ですら、

滅茶苦茶に叩かれている現状からも

それは導き出すことができます。

 

 

誰からも好かれる芸能人はいませんし、

誰からも愛されるキャラクターがいないのと同じで、

誰からも評価されるコンテンツはこの世に存在しないのです。

 

 

つまり王道商材と言われているものでも

必ずデメリットは含んでいるわけですね。

 

 

実際、そういったデメリットを補うのが

「アフィリエイターの特典」だったりします。

 

 

僕はそれぞれの推薦教材で特典を作成していますが、

特典を作成する理由はどの商材も完璧ではなく、

必ずデメリットが潜んでいるのを知っているからです。

 

 

それ単体で稼げる教材だったら

わざわざ特典なんて付けずにレビュー記事だけで完結させます。

 

 

下記の記事でも書いていますが、

特典を付けなくても商材は売れますからね。

>>特典を付けずに売る方法とは?

 

 

なので、売りっぱなしにすることが可能な状況ですが、

それでは挫折者を多く生み出す原因になるので

僕は個別で特典を付けてサポートをしているのです。

 

 

先ほども言ったように情報商材というのは、

手にする人によってその価値が変化します。

 

 

なので、僕は少しでもプラスな価値を持って貰いたいので、

それぞれ個別で商材の特典を付けている次第です。

 

 

逆に言えば、

 

「各商材が完璧じゃないからこそ特典で補う」

 

というのが大事だったりします。

 

 

情報商材問わず物販商品などでも

全員から評価されるコンテンツなんてものはこの世に存在しないわけです。

 

 

僕の元にもビジネスの相談で、

 

「全員を幸せにして、誰からも悪く見られたくない」

 

というお問い合わせを頂くことがありますが、

これでは何も紹介ができなくなります。

 

 

なぜなら、そもそも完璧な商品がこの世に存在しない以上、

あらゆるコンテンツが紹介するに値しないことになるからです。

 

 

じゃあ、全員を幸せにできないなら

自分は何も紹介しないという選択を取るのが正しいことなのか?

 

答えは「No」です。

 

 

 

僕がビジネス初心者で右も左もわからなかった時、

お金を稼ぎたいという思いから「下克上」を購入しました。

 

 

それは、とあるアフィリエイター経由で購入したものであり、

色々と紆余曲折はありましたが結果的に僕は稼げるようになったのです。

 

 

実際、下克上で挫折する人の噂話なども

稼げていない頃から聞いていたので、

毎日不安になりながら実践をしていました。

 

 

それでも下克上を「詐欺」なんて思うことは一度たりともなく、

地道にコツコツとノウハウを実践していったのです。

 

 

結局、ビジネスなんて自分がやるかやらないかで

全てが決まるので、自分以外のものに責任を

なすりつけることはしたくなかったのが当時の僕の気持ちです。

 

 

要するに下克上をそのアフィリエイター経由で購入したので

あとはどうやって自分が諦めずに作業を継続できるかが

稼げるか否かの分かれ目だと自分で覚悟を決めていたわけです。

 

 

だからこそ、僕はそのアフィリエイターに感謝しています。

 

 

なぜなら、僕は”お金を稼ぎたい”という思いがあって、

実際そのアフィリエイターは「下克上」という教材を

解決策として僕に紹介してくれたわけですからね。

 

 

僕がお金を稼ぎたいと思っているのに、

 

「いやいや、これは質が高いけど挫折者もいるから紹介できないよ」

 

なんて言われようもんなら僕は今この場にいなかったです。

 

 

普通にヘンテコな会社に就職して、

朝から満員電車に乗り、上司からガミガミ言われ続けて

生きる屍のように毎日を過ごしていたと思いますよ。

 

 

要するに先ほどの、

 

「全員を幸せにして、誰からも悪く見られたくない」

 

という意見。

 

 

この考えを持つのは非常に大事であり、

全員をハッピーにして誰からも悪く見られたくないと思うのは

人間の自己防衛本能的に極々当たり前のことです。

 

 

なので、全員をハッピーにしていきたいという意志を

常に持ち続けるのはビジネスをやっていく姿勢として重要だといえます。

 

 

しかし、それが災いして、

 

「他人の悩みを解決できる可能性があるコンテンツを紹介しない」

 

という選択肢を取るのだけはやってはいけません。

 

 

それは結局、自分の身を守っているだけであって、

他人に対して何一つ価値提供できていない証拠なのです。

 

 

折角、相手の悩みを解決できる可能性を秘めている

コンテンツの詳細を自分は知っているのに、

 

「この人が商品を手にして、悩みが解決できなかったらどうしよう…」

 

と、自己防衛本能が無駄に働き、

結局相手を幸せにできずに終わってしまうわけです。

 

 

物販商品でも情報商材でも何でもそうですが、

相手の悩みを解決できるコンテンツの詳細を知っている以上、

それを紹介することに臆する必要はありません。

 

 

自分が心の底から紹介したいと思ったものであるなら、

周りの意見なんか気にせずに信念を貫けばいいだけです。

 

 

もちろん、擁護の余地がないほど

粗悪なコンテンツを紹介するのは

全くの別なのでこれは論外です。

 

 

しかし、相手の未来を良くするために

コンテンツを紹介するのは悪いことではなく、

これがアフィリエイターの存在意義でもあります。

 

 

情報商材の紹介においても完璧なコンテンツが存在しない以上、

デメリットを最大限補う特典を付けて

成功を促進させていくことが大事なんですね。

 

 

 

ちょっと色々と話が脱線し過ぎて、

テーマの原型がないのですが結局今回のレポートで言いたいのは、

 

「最近、ASPでは頻繁に情報商材が出ているから

 しっかりと吟味しないと実践困難なものを受け取ることになる」

 

ということでした笑

 

 

そのための一つの目安として

僕のブログを参考にして頂けたらと思います。

 

 

それでは、最後までレポートを

お読み頂きましてありがとうございました。

 

 

このレポートを最後まで読まれる方は

全体の1割もいないと思いますので

本当にここまでお読み頂いた「あなた」には感謝申し上げます。

 

 

差し支えなければレポートの内容に対して、

感想や意見などありましたらお聞かせください。

 

saku@skaurabay1.com

 

 

それではあなたからのご連絡をお待ちしております。

 

 

桜庭

 

 

Copyright (C) 桜庭 All Rights Reserved.